トップ
大会長挨拶
開催概要
組織
プログラム
演題応募方法
オーガナイズドセッション
参加申込方法
参加に関するご案内
会場案内
懇親会のご案内
宿泊のご案内
リンク
企業向けページ
お問い合わせ
 

大会長挨拶

第48回日本生体医工学会大会開催について




                     第48回日本生体医工学会大会    
                     大会長  福井 康裕(東京電機大学)


この度は、第48回日本生体医工学会大会の大会長を仰せつかりまして、身の引き締まる思いであります。
  本大会では、「生きることにやさしいMEを求めて」というテーマを掲げさせて頂きました。M(Medical)とE(Engineering)の融合が提唱されて以来、多くの研究が「医工連携」という理想の基で進められ、成果を出してきました。そして今日に至ってもなお、その重要性は増すばかりであり、同時にその難しさも認識されております。今後の生体医工学分野がさらなる飛躍を遂げるために、克服すべき諸問題を議論する場を提供することが大会長の責務であると考え、医工とこれに関連する産学官諸氏による討議を企画しております。
 また、若者が活躍できる場として、本大会でも「高校生科学コンテスト」を開催いたします。このコンテストに参加し、将来、科学者を志す若者が日本の生体医工学を支え、発展させてくれることが大いに楽しみであります。
 多くの皆様のご参加と積極的な討論を期待しております。