第1日目 4月23日(木) タイムテーブル

.
A会場
(5階 大ホール)
B会場
(5階 小ホール)
C会場
(4階 研修室)
D会場
(4階 401室)
E会場
(2階 瑞雲)
F会場
(2階 平安)
G会場
(1階 展示ホール)
H会場
(2階 蓬莱)
8:30-9:00
開門(8:30〜)
9:00-9:30
開会式
(9:20〜9:30)
. . . .
ポスター準備



.
9:30-10:00
S-1
PMDAセッション
「医療機器の審査と安全−学会と業界とPMDAの連携に向けて」
OS-1
医用アクチュエータの最新の話題
.
O-1
生体機能解析と医療への応用
T
O-3
細胞工学・
再生医療
T
OS-2
医療情報の安全性確保とユビキタス電磁環境の現況
.
10:00-10:30
S-2
NEDO
ワークショップ
「基礎研究の臨床研究への橋渡しを目指して」

(公開講座)
P-1
生体への光応用生体磁気
.
10:30-11:00
O-2
生体機能解析と医療への応用
U
O-4
細胞工学・
再生医療
U
.
11:00-11:30 . . .
11:30-12:00 . . . . . . . ..
12:00-12:30 . . . .. . . . .
12:30-13:00
招請講演1
Dr. Shuichi Takayama,
Micro- and Nanofluidics for Cellular Physiology Studies
Dr. S. Takayama
. . . . .
13:00-13:30 . . . . . . .
13:30-14:00 .
OS-3
Neuromodulationにおける磁気刺激の可能性を探る
OS-4
生体情報可視化のための基礎技術
O-5
光イメージング
O-9
生体機能解析と医療への応用V
OS-5
精神医学と工学の融合はなぜ難しいのか
P-2
計測・評価技術
機器開発と評価
.
14:00-14:30 . .
14:30-15:00 .
O-6
光計測
O-10
マイクロバイオレオロジー
.
15:00-15:30 .
OS-6
早期診断とリハビリでADは予防できるか
OS-7
振動子集団の
ちから
OS-8
血流と生体機能の計測・評価
. .
15:30-16:00
S-3
医工連携
セッション
「外資系企業の医工連携」
O-7
分子イメージング
.
OS-9
今のME産業活性化策は10年後に有効性を評価できるか?
16:00-16:30
O-11
マイクロナノテクノロジー
T
P-3
治療機器開発
内視鏡・カテーテル治療デバイス
人工臓器
16:30-17:00
OS-10
育児とME〜音楽療法と工学
O-13
細胞のバイオメカニクス
O-8
光治療
OS-11
ヘルスケアにおける光学的生体計測法の役割
17:00-17:30
O-12
マイクロナノテクノロジー
U
17:30-18:00 . . .
ポスター回収
.